HOME 商品・サービス ソリューション事例 FAQ 会社案内 採用・求人情報 お問い合せ

ユニット経営/部門別採算クラウド

ユニット経営/部門別採算クラウド
 

部門別採算制度を取り入れている企業向けの経理システムです。
トップダウンの経営から全社員の意識改革によりボトムアップの経営へと変える為には 社員教育もさることながら実現するためのシステムが必要です。
各部門で独立採算を行い、数字の見える化で売上を上げる事、コスト意識を持たせる手助けができます。

  初期費用0円、月額4,980円(5ユーザ)〜 無料体験実施中!!  

(※1) 無料体験期間は1年間です。ご利用開始直後から、無料体験期間が適用されます。
6ユーザー以上についてはお問い合せ下さい
必要に応じて、既存システムとの連携についてもお試し頂くことが出来ます。

部門別採算クラウド 無料体験申込受付はこちら  

貸借対照表・損益計算書はもちろん、部門採算もタイムリーに見える化を実現でき、 部門別の時間管理により、採算が全社の共通指標として貢献度も把握出来る様になり、 部門別に入金や支払の残高が見える事で、キャッシュベースでの経営が出来る様になります。
リーズナブルな価格で財務会計と管理会計が1つで出来るシステムです。

カテゴリ
システムの特徴
→
簿記の知識が不要、経理未経験者OK
→
各部門間の社内取引に対応
→
部門別採算がタイムリーに見える
→
部門別に入金・支払の残高が見える
→
各部門のマスタプランと同期できる
→
部門別採算・全社のP/L,B/Sを同時実現
→
部門別採算表により部門貢献度が見える
→
月次決算により毎月の貸借対照表・損益計算書が確認できる
→
既存システムとの連携可能
→
期中の組織変更可能

ユニット経営/部門別採算クラウド 機能イメージ

ユニット時間、ユニット伝票、小口現金、本社経費、按分経費、採算表、予定立案、マスタプラン、決済、集計処理、請求書印刷、アクションプラン、入出力、入金・支払一覧、入出金管理、残高一覧、財務諸表:企業経営に必要な機能がユニット経営にはそろっています。

UP 上に戻る


無料相談はこちらから 電話でも無料相談を受け付けています




カテゴリ
部門別採算クラウドで出来る事
管理部門で出来る事
【入力作業】
各伝票に対する承認作業
月次締処理
マスタプランの決定
振替伝票登録
集計処理



【確認】
総務/経理や各ユニットが行える事の他に以下の事ができる
・日次の全ユニットの最新の採算状況が見える
・日次の財務の試算表を確認できるので経営状態が判る
・各ユニットが登録したマスタプランに対して確認を行い、
 マスタプランの再検討など、指示が出せる
・締処理で過去の伝票などを勝手に修正させないようにできる
・本社経費の承認ができる
・入出金伝票や小口伝票の承認ができる
・全伝票の入金/支払状況が見え、残管理できる
・今後の経営戦略を練ることができる



総務・経理で出来る事
【入力作業】
入出金・小口伝票で支払・入金伝票登録
請求書の発送作業後のステータス更新
各伝票に対する承認処理
本社経費伝票の登録
按分経費伝票の登録
集計処理



【確認】
各ユニットで行える事の他に以下の事ができる
・売上伝票と請求書の内容について確認できる
・請求書の進捗状態を確認する事ができる
・登録された伝票について、承認を行う事ができる
・按分伝票で各ユニットに割振った伝票を確認できる
・計上された伝票の、最新の入金や支払状況が1対1で見える
・入金漏れが見えるので、すぐに各ユニットへ指摘できる
・支払漏れも確認できるので、すぐに対応が取れる



各ユニットで出来る事
【入力作業】
売上伝票の登録
経費伝票の登録
勤務時間の登録
請求書の発行
社内取引(社内売買伝票の登録)
マスタプラン登録



【確認】
各ユニットでできる事は以下の通り
・自ユニットの最新の採算状況が見える
・マスタプランに対しての進捗率がわかり、次月の予定立案
 を検討できる
・売上計上や経費計上された伝票の計上漏れや残管理
 が確認できる
・過去にさかのぼり、ユニットの全ての情報が把握できる
・ユニット内でのミーティングを採算表のシステムで、全て
 実現でき、ユニット内でのチームワークを強化し改善する
・社内売買伝票を登録する事で社内取引が管理できる
・請求書が発送されたか確認できる
・各ユニットメンバーの稼働時間が一目でわかる


ユニット経営/部門別採算クラウドに関して
価格帯など、詳しくは以下PDFをご覧ください。

「ユニット経営/部門別採算クラウド」案内資料
「ユニット経営/部門別採算クラウド」
カタログ(PDF)の閲覧・ダウンロードができます。



ユニット経営/部門別採算クラウドに関するお問い合せ

UP 上に戻る