HOME 商品・サービス ソリューション事例 FAQ 会社案内 採用・求人情報 お問い合せ

Magic

Magic 移行サービス システムが古すぎて、新しいパソコンに移行するのが難しいのではとあきらめかけている仮想化という手段があります。特定のOSでしか動かないソフトであってもOK。MS-DOSやWindows98のDOS窓も移行可能です。現在、お使いシステムをOSまるごとXP/Win7に移行します。これならdbMAGIC V7やV8はもちろんのこと、DOS版のdbMAGICでもXP/Win7へ移行可能です。
[内容]
 仮想化ソフトを利用し、現在ご利用中のOSをまるごと仮想化し、その中でMAGICアプリケーションを動作させます。
 Windows7/8の画面の中で、現在ご利用中のWindows98やXPとMAGICアプリケーションが表示され動作します。
 仮想化されたWindows上でのアプリケーション操作や設定は今までどおり引き継がれます。

[移行元のOSとdbMAGICの組み合わせ]
 OSは、MS-DOS、Windows98(DOS窓を含む)、WindowsNT、Windows2000。
 Magicは、dbMAGIC v4.3、v5.6、v6、v7、v8 など。
Win7/8内でWin98が動き、更にdbMAGICが動く Magic 仮想化イメージ
※画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。
[費用]
 ¥200,000〜 税別


■仮想化のメリット
・現状のソフトウェアをそのまま利用できる
 バージョンアップに伴うアプリケーションの作り変えが必要なく、ソフトウェアライセンスもそのまま利用できます。

・システムのバックアップが容易
 仮想化されたシステムは、1つのフォルダに保存されています。このフォルダをコピーする事で、サーバー環境または端末環境がバックアップできます。

・障害復旧が容易、しかも短時間
 端末が壊れた場合、代わりとなる端末を用意して頂き、バックアップされているフォルダをコピーする事で復旧が出来ます。複雑な設定は不要です。

■お見積に必要な情報
現在ご使用中のOSのバージョン
 例:Windows2000、Windows98 など

現在ご使用中のMAGICのバージョン
 例:dbMAGIC V8、dbMAGIC V5.6/V5.7 など

現在ご使用中のDATABASEのバージョン
 例:Pervasive.SQL V8、Betrieve v6.15 など

現在ご使用中のプリンタの接続方法
 ・パラレルポート
 ・USB
 ・ネットワーク

現在ご使用中の接続機器
 ご利用中の端末に接続している機器(モニター、キーボード、マウスを除く)

その他
 システムの利用に際し、特別な設定が事がある場合は事前にお知らせ下さい。

詳細はMagicの駆け込み寺をご覧ください。




UP 上に戻る